矯正歯科のよくある質問 - テンサン歯科医院 附属矯正歯科クリニック

一宮駅から徒歩1分 矯正歯科のテンサン歯科医院 愛知県一宮市新生1-4-1

矯正歯科のよくある質問

学校の歯科検診で「不正咬合」と言われましたが、そもそも「不正咬合」とはどんな状態なのですか?
「不正咬合」とは、あごの骨のバランスの不調和で起こる「受け口」や「出っ歯」などの"咬み合わせの不調"や、「乱ぐい歯」などの"歯並びの不調"の総称です。
特に小中学生という時期は、あごの骨の成長期であり、かつ乳歯から永久歯への過渡期であるため、学校歯科検診では非常に重要視されます。
「不正咬合」を放置した際のリスクは?
まず何よりも「見た目」が挙げられるでしょう。
しかし、それ以上に問題なのは、不正咬合が原因で歯磨きが困難になり虫歯や歯周病といった将来へのリスクや、無理のある咬み合わせが一部もしくは歯並び全体、ひいては歯周組織、顎関節などのその他の器官に影響を与える可能性が挙げられます。
子供の矯正治療はいつ頃から始めたらいいでしょうか?
6~7歳以降がベストでしょう。
この頃には、前歯が永久歯に生え変わり、上下左右一番奥に"6歳臼歯(第一大臼歯)"が生えてくる時期です。従って、咬み合わせの土台となるあごの骨の成長が旺盛な6歳以降にその成長をコントロールをしてあげることで、その後の咬み合わせの治療を有利にすすめていくことができると考えられます。
矯正治療開始前の精密検査によって、その時々に必要な治療方針を決め、最適な治療法をご提案させていただきます。
尚、中学生以降は大人と同じ"マルチブラケットシステム"による"咬み合わせの調整"がメインになっていきます。
大人でも矯正治療できますか?
もちろん可能です。
中学生以降は永久歯も生え揃って、あごの骨の成長も落ち着いてきます。
そのため、あごの骨の成長をコントロールすることは残念ながらできませんが、永久歯一本一本を動かしコントロールすることによって"咬み合わせの調整"を行っていきます。
矯正治療に健康保険は使えますか?
矯正治療は原則自費(保険非適用)となります。
そのため、矯正治療にかかる費用は患者さんの治療内容、年齢によっても異なってきます。
但し限られた以下の矯正治療に対しては保険が適用されます。指定自立支援医療機関、顎口腔機能診断施設である当院では対応が可能ですので、対象となる方にはご説明します。
・外科手術を前提とした大人の重度の受け口の矯正治療(顎変形症)
・口唇口蓋裂などの先天性疾患の矯正治療(育成・更生医療)
歯を抜かないといけませんか?
必ずしも歯を抜かなければならないわけではありませんが、症例や患者さんが希望される治療目標によっては歯を抜いて矯正治療を行う場合もあります。
抜歯の要否については矯正治療開始前の検査や治療進行中の検査によって決まります。その際は前もってお知らせしますのでご安心ください。
矯正治療は痛いですか?
新しい装置を装着したり調整してから暫くは痛みを感じる事があります。
痛みの程度については個人差やその時の装置によって異なりますが、徐々に慣れてくる方がほとんどです。
矯正装置が壊れてしまった場合はどうしたらいいでしょうか?
ガム、キャラメルやお餅といった歯にくっつきやすいものは矯正装置が外れてしまう可能性があるので注意が必要です。その他は日常生活や運動(体育の授業、部活動など)には制限はありません。もし、矯正装置の破損や違和感を感じられた場合にはご連絡ください。応急対応致します。
矯正治療中に引っ越す場合は?
当院への通院が困難な場合は、転居先近くの「日本矯正歯科学会認定医」への転院をお薦めします。また転院先のご紹介や転院に必要な資料の作製などは当院にて行いますので、お気軽にお申し付けください。
医療費控除の対象となりますか?
成長段階のお子さんなど、年齢や矯正の目的により矯正が必要と認められる場合、対象となります。詳しくは税務署にお問い合わせください。
対象別
  • 幼児期の矯正歯科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
治療例
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 乱ぐい
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • その他
保険適用の矯正歯科治療
  • 保険適用の治療
  • 顎変形症の保険診療

このページのトップへ