すきっ歯(空隙歯列) - テンサン歯科医院 附属矯正歯科クリニック

一宮駅から徒歩1分 矯正歯科のテンサン歯科医院 愛知県一宮市新生1-4-1

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の隙間があいている状態を「すきっ歯」、専門用語で「空隙歯列」と呼びます。

この症状の原因と考えられるもの
  1. 乳歯から永久歯への生え替わりの途中段階
  2. 先天性欠如や抜歯による歯の本数の不足及び歯の形態異常
  3. 口唇や頬と歯ぐきを結ぶ筋の位置
など

歯はあごの骨の「限られた領域」に生えてきます。その限られた領域に対して本数が足りなかったり、スペースが余っていると「すきっ歯」となります。
このような場合には、歯並びを狭めて隙間を閉じたり、隙間を一カ所に集めインプラントやブリッジなどでその隙間を埋めます。

また、小帯が本来歯が生える場所にまでせり出していると、歯はその場所を避けて並びます。このような場合には、小帯を部分切除することにより歯の隙間はやがて閉じてきます。

  • ※小帯とは、下くちびるをつまみ前方へ引っ張った時、くちびるから歯ぐきにかけてある筋のことです。上下のくちびるから歯ぐきに向かって1本ずつ、上下左右のほほから歯ぐきに向かって1本ずつ、合計6本の小帯が存在します。

すきっ歯(大人)の治療例

主訴:上下の前歯の隙間、前歯の形の改善
最終的に前歯の一部に被せ物をしました。

すきっ歯(大人)の治療例
対象別
  • 幼児期の矯正歯科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
治療例
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 乱ぐい
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • その他
保険適用の矯正歯科治療
  • 保険適用の治療
  • 顎変形症の保険診療

このページのトップへ