受け口(下顎前突・反対咬合) - テンサン歯科医院 附属矯正歯科クリニック

一宮駅から徒歩1分 矯正歯科のテンサン歯科医院 愛知県一宮市新生1-4-1

受け口(下顎前突・反対咬合)

上の前歯に比べて下の前歯が前にある状態を「受け口」、専門用語では「下顎前突」、「反対咬合」と呼びます。日本人を含むモンゴロイドは人種的に「下顎前突(受け口)」が多いと統計的に示されています。

この症状の原因と考えられるもの
  1. 上下のあごの骨のバランス
  2. 前歯の傾き
  3. 口呼吸や舌の癖
など

歯科においては一般的に、上の前歯の先が下の前歯をわずかに(前方、深さともに約2~3mmくらい)覆っている状態を「正常咬合」と呼びます。前歯が「受け口」になっている状態は審美的な問題はもとより、咀嚼効率(食べ物を咬み砕く効率)の低下や顎関節症の誘因になるなどの機能的な問題、さらに子供においては下あごの過成長(下あごだけが大きく成長しすぎる)の原因になりうるという問題があるため、早期に的確な矯正治療を行う必要があります。

幼児期の「受け口」の矯正治療

乳歯列の段階での「受け口」には、"見かけ上の受け口"があります。
この"見かけ上の受け口"とは、骨の大きさなどの問題はなく普通に咬む(乳歯の多くの場合は上下の前歯の先と先で咬む)ことができるのに、わざと下あごを前に出して咬む『前咬み』と呼ぶ「癖」が原因となって「受け口」になっている状態を指します。

ムーシールド治療法としては、「ムーシールド」という既製のマウスピースを寝ている間に装着してもらうことで、癖の改善を行ったり、場合によっては顎の骨の成長のコントロールを行ったりします。

下顎前突(幼児期)の治療例

主訴:乳歯の受け口
装置:ムーシールドのみ
前歯の生え変わりに伴い受け口が改善されました。

下顎前突(幼児期)の治療例

子供の「受け口」の矯正治療

上あごに比べて下あごの骨が前にある、または大きいといったことが原因で上下のあごの骨のバランスに不調和があると、「受け口」という形で咬み合わせに現れてきます。
あごの骨の成長期である小学校期であれば、あごの骨の成長をコントロールすることが可能です。

チンキャップこの時期の治療法としては、下あごの骨が前方へ成長するのを抑える「チンキャップ」という装置を使用し上あごの成長を待ったり、場合によっては上あごの骨の前方への成長を促したりします。
このような上下のあごの骨のコントロールを行ってあげることで、歯並びの土台となるあごの骨の位置や大きさのバランスを整えて、将来的な咬み合わせの下準備となります。

また口呼吸や舌の癖など歯並びや咬み合わせにとって良くない習慣や癖は、舌のトレーニングや装置によって早期の改善を行う必要があります。

下顎前突(子供)の治療例

主訴:前歯部の反対咬合
装置:小学校の間はチンキャップ、中学校の途中からマルチブラケット装置を使用

下顎前突(子供)の治療例

大人の「受け口」の矯正治療

ここでの大人とは、あごの骨の成長が完了した中学校後半以降のすべての方を指します。上下のあごの骨のバランスに問題がなく前歯の傾きのみが原因の受け口の場合には、前歯の傾きを調整することできれいな咬み合わせに治します。しかし、上あごが小さかったり下あごが大きいことが原因となっている場合には、子供のようにあごの骨の成長をコントロールすることができません。そこで現状のあごの骨の位置関係のまま歯の傾きを変え、歯並び全体、特に前歯の前後の位置関係を調整することで、良好な咬み合わせを作ります。

下顎前突(大人)の治療例

主訴:前歯の反対咬合。犬歯が生えてこない。
装置:マルチブラケット

下顎前突(大人)の治療例

但し、あごの骨のバランスの不調和が大きすぎる場合には、歯の傾きの調整だけで咬み合わせを改善することができなくなります。また前歯の咬み合わせは悪くなくても、あごの突出(横顔において下あごが飛び出している)が気になるような場合には、外科的手術を併用することにより、あごの骨の位置や大きさを変え、同時に歯並びを調整することで咬み合わせを治します。

外科的手術を併用した受け口の矯正治療例

対象別
  • 幼児期の矯正歯科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
治療例
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 乱ぐい
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • その他
保険適用の矯正歯科治療
  • 保険適用の治療
  • 顎変形症の保険診療

このページのトップへ