出っ歯(上顎前突) - テンサン歯科医院 附属矯正歯科クリニック

一宮駅から徒歩1分 矯正歯科のテンサン歯科医院 愛知県一宮市新生1-4-1

出っ歯(上顎前突)

下の前歯に比べ、上の前歯が大きく前方にある状態を「出っ歯」、専門用語では「上顎前突」と呼びます。

この症状の原因と考えられるもの
  1. 上下のあごの骨のバランス
  2. 前歯の傾き
  3. 指しゃぶりや口呼吸、舌癖
など

本来、正しい位置にある下の前歯に対して前方約2~3mmくらいに上の前歯がある状態が理想とされます。これよりも前方へ飛び出ている前歯は、見た目の問題だけでなく、発音機能の異常や外傷の原因となります。

子供の「出っ歯」の治療

あごの骨のバランスが原因となっている上顎前突の治療としては、小学校期であれば、あごの骨の成長をコントロールし、このバランスを改善します。
上あごの骨がこれ以上前方へ成長することを抑えて下あごが成長するのを待ったり、または、下あごの骨を前方へより成長させることで上下のあごの骨のバランスを改善し、正しい咬み合わせを獲得します。

また、口呼吸や指しゃぶりなど、歯並びにとって悪い習慣ある場合には早期に改善、取り除きます。

大人の「出っ歯」の治療

成長期を過ぎあごの骨のバランスが調整できない場合は、今のあごの骨の位置関係のまま歯の傾きだけを調整して咬み合わせを構築します。但し、あごの骨のバランスの不調和が大きく歯の傾きだけでは調整できない場合は、外科手術を併用した矯正治療を行うことで咬み合わせを改善します。

上顎前突(大人)の治療例

主訴:前歯の突出

上顎前突(大人)の治療例

上顎前突(大人)の治療例

主訴:前歯の突出

上顎前突(大人)の治療例
対象別
  • 幼児期の矯正歯科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
治療例
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 乱ぐい
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • その他
保険適用の矯正歯科治療
  • 保険適用の治療
  • 顎変形症の保険診療

このページのトップへ