大人の矯正歯科 - テンサン歯科医院 附属矯正歯科クリニック

一宮駅から徒歩1分 矯正歯科のテンサン歯科医院 愛知県一宮市新生1-4-1

大人の矯正歯科

永久歯への生え変わりが完了し、あごの骨の成長のピークが過ぎた時期、第二大臼歯(通称12歳臼歯)が生え揃って以降を指します。
骨格の制限がある中での矯正治療にはなりますが、ワイヤーを用いて歯を一本一本動かし、すべての歯が正しく咬み合っている状態を目指します。
歯はあごの骨の中でも限られた場所にしか並べることができないため、歯を並べる場所の確保が非常に重要となってきます。歯の並ぶ場所を確保するために歯並び全体を前後左右に拡げたり、比較的目立ちにくい歯を抜くこともあります。また場合によっては外科的手術を併用し、上下のあごの骨のずれを整え咬み合わせを調整していきます。

大人の矯正治療の一例

上下の歯の叢生(乱ぐい)を主訴に来院。
抜歯はしたくないというご本人の希望により、歯を抜かず歯並び全体を拡げて矯正治療を行いました。

大人の矯正治療の流れの一例

保定について

保定装置「リテーナー」矯正治療によって動かした歯並び及び咬み合わせは、矯正装置を外した直後から少しずつ「後戻り(もとの状態へ戻ろうとする動き)」が起こります。この「後戻り」を防止するために、ご本人でも着脱できる保定装置「リテーナー」を使用していただき、経過を観察します。

対象別
  • 幼児期の矯正歯科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
治療例
  • 受け口
  • 出っ歯
  • 乱ぐい
  • すきっ歯
  • 八重歯
  • その他
保険適用の矯正歯科治療
  • 保険適用の治療
  • 顎変形症の保険診療

このページのトップへ